安い!?丁寧!?地元工務店の魅力

  • 工務店
  • 地域密着
  • 業者の種類
著者:SumaIdea事務局

家を建てるときや規模の大きなリフォームを行うとき、依頼候補に入れておいて欲しい、地元の工務店。今回は、地元工務店の魅力と選ぶときの注意点を解説します。

そもそも、工務店って何?

「工務店」という呼称に明確な定義は無く、一般的には建築工事全体を取り仕切る企業のことを指します。建築物を建てるにはいろいろな種類の工事があり、それぞれに専門的な技術を持った職人、専門工事業者があります(大工工事、左官工事、板金工事、水道工事etc)。それらをマネジメントして、建築物を完成させるのが工務店の役割です。昔でいうと、大工の棟梁にあたります。

現在では工務店も大小さまざまで、今回は、地域に根付いた小規模の地元工務店に絞ってお話します。

地元工務店は費用が安い!

地元工務店の多くは専門工事会社、職人と密接な関係を気付いていて、大手ハウスメーカーや設計事務所に依頼しても、最終的には地元工務店が工事を請け負います。地元工務店抜きには、家は建ちません。

ということは、地元工務店に直接頼むと、ハウスメーカーや設計事務所に支払う費用はゼロ。中間費用が無くなるので、費用的にはかなり安く家を建てることができます。

地元工務店で建てる家はダサい?そんなことはありません。

「でも、地元工務店じゃかっこいい家は建てられないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。個人からの注文住宅を受けているほとんどの工務店には建築設計の経験が豊富な建築士さんが在籍しており、きちんと設計してくれます。建築士さんのセンス、経験にもよりますが、意匠系に強い建築士さんも少なくありません。

事実、ハウスメーカーや設計事務所による注文住宅も地元工務店が建てているのですから、「地元工務店の建てる家はダサい」というのは大きな誤解です。

地元工務店は風土・環境を熟知。

地元工務店がさらに魅力的なのは、その土地の風土・環境を熟知しているということ。特に歴史のある地元工務店は、その土地で永い間、家を建て続けています。

台風が良く通る、湿度が高い、豪雪地帯、地震、火山灰etc。地域によって住宅に求められる性能は異なります。地元工務店だからこそ、地域の風土・環境を熟知しているからこそ、その土地にあった住宅を建てる知識・技術を持っているといえます。

地元工務店はアフターケアも良好

地元工務店は、もちろん地元にあります。家から近い場所にあるので、トラブル時の対応も迅速。不安があれば、すぐに相談できますし、すぐに対応してくれます。

住宅は、建てることも大切ですが、メンテナンスも大切。永く住むなら、近くに相談できる場所があるというのは心強いです。

工務店によって差が大きい

さんざん地元工務店の良さをお話しましたが、もちろんデメリットもあります。特に大きな注意点は、工務店によって技術やサービスの差が大きいというところ。親身に相談に乗ってくれる、高い技術を持っている工務店もあれば、不親切、低レベルな工務店もあります。また、倒産のリスクも。建築途中、工事中に倒産されてはたまったものではありません。

小規模な工務店は良くも悪くもワンマン社長の企業が比較的多いので、社長がどんな人なのか、地域での評判はどうなのかを知ってから依頼するようにすると安心です。人情に厚い社長だと、とても安心できますしね。

【まとめ】やっぱり地元工務店はおすすめ!

総合的に見て、地元工務店で家を建てるのはとても良い選択といえるでしょう。たてるしっかりと地元の評判を確認すれば、費用を抑えて、高品質の家を建てられると思います!

SumaIdeaでは、家づくり相談・建築家紹介を承っています。
注文住宅やリノベーションなど家づくりに関するお悩みをお持ちの方、建築家・設計事務所をお探しの方は、お気軽にご相談ください。

家づくり相談・建築家紹介はこちら

著者:SumaIdea事務局
著者へのお問い合わせはこちら

関連記事

『工務店』に関連するガイド記事

『工務店』に関連するQ&A

『業者の種類』に関連するガイド記事

ガイド執筆者募集!
家づくりガイドに寄稿いただける
専門家の方を募集中です!