リノベーションとリフォームの違いは!?リノベーションの定義

  • リノベーション
  • リフォーム
  • 用語解説
著者:SumaIdea事務局

「リノベーション」ってなんだかオシャレな響きですよね。テレビや雑誌でも「中古物件購入+リノベーション」といった特集がよく組まれているので、興味のある方も多いのではないでしょうか。今回は「リノベーション」の定義、リフォームとの違いについて解説します。

リノベーションの定義

国土交通省によると、

・リフォーム=新築時の目論みに近づく様に復元する(修繕)
・リノベーション=新築時の目論見とは違う次元に改修する(改修)
となっています。 つまり、元の住宅より高性能に生まれ変わる工事、新たな価値を付加する工事がリノベーションとなります。言葉を変えると、リフォームは「回復」、リノベーションは「変身」といったところでしょうか。

リノベーションとリフォームの違いは「性能が向上するかどうか」「新しい価値が付加されているかどうか」という点です。その他、ライフスタイルの変化に合わせて、元の住宅とは異なる目的、住空間に変更することもリノベーションといえるでしょう。

ただし、一般的には、性能の向上や価値を付加する工事でも、小規模な工事はリノベーションと呼ばれていません。階段に手すりをつける、玄関ドアを引き戸に変える、床暖房を入れるなど、一部分のみの工事はリノベーションとは呼ばれず、住宅全体に関わるような大規模な工事だけがリノベーションとされることが多いようです。

リノベーションの具体例

では、どのような工事がリノベーションに該当するのでしょうか。具体的な例を挙げてみます。

住宅性能の向上

築年数の古い住宅は、耐震性や防火・防水性、防犯性などが最新の住宅に比べて劣っています。これらの住宅性能を向上させる工事は、リノベーションです。スマートハウスも省エネ性能を向上させるリノベーションですね。

家族構成・ライフスタイルに合わせた間取り変更

「子どもの独立」「親との同居」「定年退職」など、ライフスタイルの変化に合わせた、部屋の間取り変更を伴う大規模なリフォームも、リノベーションにあたります。部屋数を減らして大きなリビングにしたり、趣味部屋を作ったり、

スケルトンリフォーム

元の住宅を骨組の状態(スケルトン)まで戻してから、まるで別の新築住宅のようにリフォームする「スケルトンリフォーム」も、リノベーションといえます。

古民家再生も、内装、設備、水周りなどをほぼ一新して、耐震性、耐火性などの性能も向上させるケースがほとんどなので、リノベーションとなります。

会社によって解釈の違いも…

リノベーションがどのようなものであるか、一般的には上記のように捉えられています。ただ、リノベーションを提供している業者(リフォーム会社や工務店など)によって解釈の違いもあり、大規模な工事をまとめてリノベーションと呼んでいるところもあります。

あまり言葉に囚われず、自分の目的に合わせて選択したほうが良いのかもしれませんね。

SumaIdeaでは、家づくり相談・建築家紹介を承っています。
注文住宅やリノベーションなど家づくりに関するお悩みをお持ちの方、建築家・設計事務所をお探しの方は、お気軽にご相談ください。

家づくり相談・建築家紹介はこちら

著者:SumaIdea事務局
著者へのお問い合わせはこちら

関連記事

『リノベーション』に関連するガイド記事

『リノベーション』に関連するQ&A

『リフォーム』に関連するガイド記事

『リフォーム』に関連するQ&A

『用語解説』に関連するガイド記事

ガイド執筆者募集!
家づくりガイドに寄稿いただける
専門家の方を募集中です!