縁側のある平屋

  • 注文住宅・新築戸建
縁側のある平屋

古くからある住宅地に建つ平屋の住宅。

敷地の東側には純和風の趣ある庭と樹齢70年以上の楠がある。

それらをそのままの形で残す配置計画とし、玄関までは庭や楠を通る計画となっており、とても美しいアプローチとなっています。

庭木をゆっくりとした時間の中で楽しめるよう、住宅の東側には長いL型の玄関・縁側を設け、中と外をつなげる平面構成としました。

住宅は大きな方形屋根の平屋とし、高さを抑えることで庭木を生かし、また活かされるボリュームとなっています。

縁側と大きな庇が中と外をつなぎ、庭に向かって生活が展開できるようにしています。

作者
MMA|松本洋人+松山康洋 建築設計事務所
概要
建築費用