東京都世田谷区北沢の家(B棟)(SMALL HOUSE TOWN)

  • 注文住宅・新築戸建
東京都世田谷区北沢の家(B棟)(SMALL HOUSE TOWN)

井の頭線「池の上駅」から徒歩10分弱の高低差のある住宅街に位置する在来木造2F建て、3棟の分譲住宅のB棟です。

「緑と共に生活する新しい分譲住宅」

3棟の全体構成は、様々な特徴や個性を持った「内部空間=へや」と様々な特徴や個性を持った「外部空間=にわ」が、パズルを組み合わせるようにそれぞれ寄り添い集まり全体を構成していいます。
「外部空間=にわ」には様々な樹木やグランドカバーなどの「Green」が配され、その「Green」と呼応するように建築の外壁や土留の擁壁は全て意図的にシンプルな「White」で塗り込められています。
庭の「Green」と建築の「White」とのコントラストで構成された新しい分譲住宅の提案です。

「3棟設計のこだわり」

3棟同じ要素で全体を構成するのではなく、1棟1棟の形・プラン・特徴・空間・庭などの要素が全て異なる「個性」を持っていて、その全て異なった要素がそれぞれ寄り添い集まり全体を構成しています。
1棟1棟がそれぞれの特徴や「個性」を保有し寄り添い集まる事で3棟で1棟のような不思議な全体像を演出しています。
3棟を同時に設計する事で戸建て住宅では作り出せない3棟だからこその魅力的な創造溢れる空間が敷地全体に散在している分譲住宅です。

「高低差を生かす事で獲得した眺望」

本プロジェクトは「第1種低層住居専用地域」という建築基準法の規制が最も厳しい地域に位置します。
眺望を獲得するための一つの手法は階数を重ねて3F建てかそれ以上にしていく事ですが、この敷地で3F建てを設計すると新たにクリアしなければならない規制が発生し、高く大きく設計したい意図とは逆に小さな設計になってしまいます。
今回この課題に対し「ペントハウス(階段室)」を採用する事で建築基準法上は2F建てで成立させ、建物を大きく高く設計しています。
2Fから「ペントハウス(階段室)」を経由してルーフバルコニーへ上がれ、さらにタラップ(はしご)でその上のルーフバルコニーへ上がれる経路も獲得しました。
その高さは建物が建つ地盤面から7mの高さに位置します。
さらに前面道路から建物が建つ地盤面まで4mの高低差があるので、前面道路からルーフバルコニーまでの高低差は11mになり、住宅密集地でありながら固有の眺望を獲得する事に成功している。この高さは5Fの床レベル同等です。

「Greenとプライバシーを両立させた平面計画」

3棟の全体構成は、「内部空間=へや」と「外部空間=にわ」がパズルを組み合わせるようにそれぞれ寄り添い集まり複雑な全体構成を有しています。

それぞれの棟で「にわ」に配置されている「Green」にはより近い距離感でいたい。
しかし「内部空間=へや」のプライバシーは守りたい。

その物理的な矛盾を解決しそれぞれの棟の生活をより豊かなものにするために3棟を同時に設計すると共に「にわ」と「へや」も同時に設計する事でこの物理的な矛盾を解決してそれぞれの棟の豊かな生活を現実に獲得しました。
演出的に窓を配置する事でお隣さんの「Green」が自分の「Green」に映るように配慮する事で実際の敷地面積より広く実際の「にわ」より視覚的に広く感じられる演出を意図的に計画しています。
この演出により「内部空間=へや」を「外部空間のような=へや」。「外部空間=にわ」を「内部空間のような=にわ」のようにキャラクターを固定しない個性的でかつ快適な空間を作り出しました。

「「にわ」をより身近に感じるための基礎形状」

「内部空間=へや」と「外部空間=にわ」の距離感を縮めるための解決手法を提案しました。
一般的な木造住宅では建築が建つ地盤面から1F床までの距離は46cm程です。
これは階段に置き換えると3段程の段数になり距離感を生み連続感や一体感は損なわれます。
これは一般的な木造住宅の床下基礎立上り高さ(h=30cm)が建築基準法で定められている事と主要な構造部である事に起因しています。
本プロジェクトでは建築構造家とコラボレーションして設計初期段階から綿密な設計をする事と同時に専門的な構造解析プログラムで計算する事で基礎の立上り高さを一般的なh=30cmから1/3のh=10cmに縮小する事に成功しています。
これによって一般的な3段程の段数は1段に抑えられ、「内部空間=へや」と「外部空間=にわ」の距離感を縮める事に貢献しています。
また「にわ」をより身近に感じるためにお互いに行き来する箇所に現状の法律で最大寸法の引き違い窓を意図的に配置し、「にわ」をより身近に感じる事ができます。

2018年 GOOD DESIGN AWARD 受賞

鳥瞰

鳥瞰

3棟で1棟のようにも見える事がコンセプトの一つです。手前がB棟。奥がA棟。左がC棟です。それぞれ形もプランも異なり固有の特徴を保有しています。それぞれの棟に高いレベルのルーフバルコニーと低いレベルのルーフバルコニーが配置されている事が確認出来ます。周囲より少しレベルが高い土地に位置するので視線も風も抜けるルーフバルコニーです。

LDK

LDK

リビングからダイニングキッチン方向を見ています。右がバルコニーです。リビングは半層分吹き抜けている高天井になっている心地よい場所です。天井は屋根の構造材が露出している表し天井を採用し白ベースの空間の中でポイントを意図的に作っています。床材はリビング、ダイニング、キッチンであえて仕上げを変える事でその場所の固定を際立てています。

キッチン

キッチン

キッチンからダイニングリビング方向を見ています。キッチンはオリジナルデザインの特注品です。天板はステンレスのバイブレーションを採用しました。トップライトから心地よい光が内部に注いでいます。一番奥にはお隣さんの桜が咲いていて、それを借景として楽しめるようベストな位置にバルコニーが配置されています。

玄関ホール

玄関ホール

高い天井の玄関ホールです。正面の一番奥に坪庭を配して坪庭に面する壁にガラスを配置する事で視線が奥まで抜け、実際の広さより広く見える効果があります。右の鏡も床から天井までの大きな鏡を設置する事で反射という機能を利用し実際の広さより広く見せています。右側のドアの奥は水周り。左のドアの奥は子供部屋です。

バスルーム、パウダールーム

バスルーム、パウダールーム

洗面台とトイレが1室空間にあるツーインワンスタイルです。洗面台はこの空間に合うデザインで特注されています。パウダールームの奥(右)はガラス張りの真っ白いバスルームです。パウダールームのガラスとバスルームのガラスを連続させる事で同じ空間のように広くみえる事が意図されています。

ファサード

ファサード

前面道路より少し高さの高い風通しの良い敷地に建っている事が分かります。土留めであるコンクリートの壁も真っ白に塗り込められています。適所に緑が植えられ日本の四季が楽しめるように配慮されています。一番高い場所にはルーフバルコニーで行けるように計画されています。

ルーフバルコニー

ルーフバルコニー

奥がA棟です。手前にあるトップライトはキッチンに心地よい光を落とします。手摺は子供が落ちない間隔に設定されています。

子供部屋

子供部屋

ミニマムな子供部屋です。敷地面積や建蔽率から子供部屋が大きく確保出来ない条件の中で、天井高さを少しでも高く確保する事で閉鎖感を打破しています。奥には坪庭を配置し大きなサッシを配置する事で坪庭まで子供部屋が続いていくような不思議面白空間です。

メインベットルーム

メインベットルーム

右側のサッシの向こうはメインベットルーム専用の庭です。階段を3段登って奥のサッシの向こうは専用の洗濯干しになっています。大きな窓が2つありながら内部のプライバシーは守られている心地よいベットルームです。窓の上には固定棚が設置されていてデザインだけでなく収納能力にも配慮されています。左側の棚の一番上はエアコン設置スペースです。

リビング

リビング

屋根を支える構造材露出の表し天井には間接照明を仕込みここにしかない非日常感をデザインしています。半分吹抜けの心地よいリビングです。左側はお隣さんの桜が見えるバルコニー。

お施主さんの声

下北沢周辺でデザイン性の高い分譲住宅を探していました。白を基本としたシンプルなデザインが気に入りました。デザインだけはなく収納やプライバシー、機能面もしっかり考えられていて、実際に生活して想像以上に暮らしが楽しいです。少し予算オーバーで高い買い物でしたがここを買って本当に良かったです。

作者
FAWDO.inc
概要
構造:在来木造2F建て(一部ペントハウスあり)
敷地面積:100.01m2(30.25坪)
延床面積:92.27m2(27.91坪)
建築費用