南千里の家1

  • リノベーション・リフォーム
南千里の家1

千里ニュータウンエリアに建つ、築40年の集合住宅の隣接する2室を自邸+事務所としてリノベーションしたものである。断熱を施す必要もあり、スケルトン状態から改修を行っている。広さを生かすため間仕切りは水回りを除いては玄関・LDK・寝室・事務所の4エリアのみとし、LDKおよび寝室に空間のアクセントとなる壁を配置することで倉庫およびクローゼットを確保している。また、当初の想定より面積が大きくなったため、リノベーションに掛けるコストとしては単価を抑える工夫をデザインの表現にも反映させている。モルタル金ゴテ押えの玄関土間やラワン合板を使った下足棚・食器棚・扉、LDKの壁の色などがその主なところであるが、素朴ながら単調にならないようにまとめている。

作者
平野玲以建築設計事務所
概要
所在地:大阪府豊中市
用途:集合住宅(リノベーション)
構造規模:(SRC造7階建て)
延床面積:141.0㎡
竣工:2013年
建築費用