皮膚科カメリアクリニック[皮膚科のクリニック]

  • 医療・介護・保育・教育施設
皮膚科カメリアクリニック[皮膚科のクリニック]

方南町皮ふ科クリニックのアネックス。
テナントクリニックとしては決して広いとは言えない床面積約20坪の中に、患者さんの動き、先生やスタッフの作業効率、物の移動や収納、設備や照明計画などに徹底的にこだわり、先生と一緒に時間をかけて計画したクリニックです。インテリアデザインにおいては、特徴的な表情のある木の素材を使いながら、各所に先生の好みの色や柄を反映させることで、他のクリニックとの差別化を図りながら、住まいのような居心地の良いクリニックを目指しました。
[写真:大沢誠一(OS)/Archiplace(AP)]

エレベータホールからクリニック入り口を見る(AP)

エレベータホールからクリニック入り口を見る(AP)

プライバシーを守るために、スクリーンとサインの貼られた自動ドアの入口

受付カウンターを正面から見る(OS)

受付カウンターを正面から見る(OS)

内装の壁と同じ色の背面パネルは収納でもある   凹みにはサインを設置

焦げ茶色のソファベンチ側を見る(OS)

焦げ茶色のソファベンチ側を見る(OS)

木質のパネルとピンク壁紙の内装 開口部からの光の量を絞り、間接照明で優しい雰囲気に

キッズコーナー(AP)

キッズコーナー(AP)

床は人工芝(チョコ色)で、奥の壁には本棚とおもちゃ置き場とモニター

診察室1(AP)

診察室1(AP)

正面にシンクやゴミ投入口のあるステレスカウンターの造作家具 上部は、既存の排煙窓を目立たなくした木製ルーバー

スタッフルーム(OS)

スタッフルーム(OS)

三角形状の部屋には、ロッカーやテーブルやイスが無駄なく置かれる

受付(OS)

受付(OS)

受付カウンター内部から入口側を見る

診察室2から待合室入口方向を見通す(OS)

診察室2から待合室入口方向を見通す(OS)

右手中間の光るところはコスメ用品等の陳列棚

お客様用トイレ(OS)

お客様用トイレ(OS)

一面板張りでアクセントを付けている コンパクトにおむつ台、洗面器、ゴミ投入口、フィッティングボード等を納めている M字形状のカウンターには給排水の配管も収まる

お客様トイレの正面に姿見の衝立(OS)

お客様トイレの正面に姿見の衝立(OS)

姿見には小物をおける棚があり、待合室からの視線を遮る役割も果たす

作者
設計事務所アーキプレイス
概要
テナントビルの内装
床面積  66m2
皮膚科・小児皮膚科・皮膚外科・フットケア
建築費用
非公開