3-BOX ミニマルな住宅

  • 注文住宅・新築戸建
  • 木造
  • 2階建て
  • 在来工法
  • コンパクト
  • 桧無垢フローリング
  • ガルバリウム鋼板
3-BOX ミニマルな住宅

解放感のあるコンパクトな住宅」というコンセプトのもとに5.46m×5.46mのBOXを3つ重ねてコンパクトさを追求しました。開口部を大きくとって冬の日光を沢山取り入れて、夏の日差しは「軒の深さと袖壁」によって遮断できるように工夫してあります。無駄を極力省いて2000万円(税・エアコン・カーテン・外構工事・地盤改良・設計料・抵当権設定・登記費用別途)で、満足のいく仕上げが出来ました。
一般的に「開口部の大きい建物は耐震性に劣る」場合が多いですが、この住宅は「サッシの内側に筋違を入れて耐震性能を確保」してあります。その結果として「構造計算上は耐震等級3」という結果でした。

南外観

南外観

外部はコストのかからない材料(ガルバリウム鋼板、サイディングに塗装)を用いて本体価格は200万(税・エアコン・カーテン・外構工事・地盤改良・設計料・抵当権設定・登記費用別途)で納まりました。

LDK1

LDK1

床は桧無垢フローリングにオイル拭き取り仕上げ、壁はビニールクロス貼り、天井はビニールクロス貼り一部パイン無垢板張りの仕上げです。

LDK2

LDK2

床は桧無垢フローリングにオイル拭き取り仕上げ、壁はビニールクロス貼り、天井はビニールクロス貼り一部パイン無垢板張りの仕上げです。

ダイニングよりキッチン方向を見る

ダイニングよりキッチン方向を見る

床は桧無垢フローリングにオイル拭き取り仕上げ、壁はビニールクロス貼り、天井はビニールクロス貼り一部パイン無垢板張り、キッチン前のパネルは杉のJパネルの オイル拭き取り仕上げです。ダイニングの天井高は2.15mとして「落ち着き感」を演出してあります。

寝室

寝室

床は桧無垢フローリングにオイル拭き取り仕上げと畳敷き、壁はビニールクロス貼り、天井は構造体表し仕上げです。

個室

個室

床はコストを抑える為にラワン合板のクリアー塗装仕上げとしました。

キッチン

キッチン

普段の使い勝手を考えてステンレストップのL型キッチンを設置しました。

玄関

玄関

床は桧無垢フローリングにオイル拭き取り仕上げ、壁はビニールクロス貼り、天井はビニールクロス貼り仕上げです。 玄関框は薄くしてフローリングとの一体感を強調しました。玄関の土間はモルタル にダークグレー色のフェロコンを入れて、表面の硬度を増してモルタル感も払拭しました。

南西側外観

南西側外観

外部はコストのかからない材料(ガルバリウム鋼板、サイディングに塗装)を用いました。

ポスト

ポスト

サビ鉄板に「既製品のポスト」を取り付けて、庭との一体感を演出しました。

お施主さんの声

解放感にあふれている為、延べ床面積27.5坪ながら狭さを感じさせません。

作者
アース・アーキテクツ一級建築士事務所
概要
木造2階建て(在来工法)
延べ床面積90.52㎡
基礎:ベタ基礎
建築費用
2000万円(税・外構工事・エアコン・カーテン・地盤改良工事・設計料・抵当権設定・登記費用別途)