タイラヤスヒロ建築設計事務所

千葉県千葉市緑区の建築家・設計事務所

タイラヤスヒロ建築設計事務所

木の温もりを感じる、気張り過ぎず、心地よく、美しい、お気に入りの普段着のような住まい

はじめまして!
タイラヤスヒロ建築設計事務所です。

私は「住まい」で人の性格は変えられる(変わる)と考えています。

太陽の動きを感じ、四季を感じ、自然を感じ
楽しく、美しく、本物の素材で作られた住まいでの暮らしは
住まい手の豊かな感情、感覚を育みます。

□暮らしが楽しくなる間取りである事。

□細部まで繊細で不変的に美しい事。

□住まいが主役ではなく住まい手の暮らしが主役になる事。

□住まい手の暮らしに寄り添い、素直で住みやすい事。



気張り過ぎず 心地よく 美しい・・・・・・

まるで お気に入りの普段着のような住まいを

次の世代へも誇りを持って受け継がれる住まいを

丁寧に設計していきます。

________________________

以下、弊所が設計する住まいについてご説明します。


▶耐震性能について

木造3階建てで行う『許容応力度設計』という本式の構造計算にて
柱の一本一本・梁の一本一本に対して
耐震強度を確認し安全性能を担保する設計を行います。
ご要望により耐震等級の取得(耐震等級3・耐震等級2)も可能です。
木造平屋建てや木造2階建てでは、
壁量計算という簡易的な構造検討を採用している会社や、
そもそも構造計算を行っていない会社も多く存在します。
『経験と勘』という曖昧な言葉で構造の安全性を考えるのではなく、
計算根拠に基づいた安全安心な住まいをご提案します。
.
.
▶断熱性能について

国が定める基準 断熱等性能等級の最高等級である等級4を上回る
※『HEAT20 G1グレード』
を標準仕様として設計します。
数値は専用の断熱性能診断ソフトを使用し検討を行います。
ご要望によりHEAT20 G2グレードも可能です。
.
.
▶省エネルギー性能について

国の定める基準の ※『最高等級5』を標準仕様として設計します。
※計算数値は等級5を上回る性能を確保。
数値は専用の省エネルギー性能診断ソフトを使用し
国の基準である等級4・等級5と計画建物の比較検討を行います。
.
.
▶建物燃費について

専用ソフトを使用し建物燃費を計算します。
これにより計画建物の年間光熱費のシミュレーションが行えます。
また、計画建物と国の基準で計画した場合とでの光熱費比較も行えます。
比較を行う事で、ランニングコストをいくら節約できているのかが一目で分かります。
.
.
▶窓ついて

家の中でもっとも熱の移動が多い部分が窓です。
窓の性能は家全体の断熱性能・省エネ性能を左右する非常に重要な要素です。

そこで弊所では、窓ガラスに遮熱性・断熱性の高い
Low-Eガラスを使用した複層ガラスを標準仕様としています。
Low-Eガラスとは、『低放射ガラス』という意味で、
表面に特殊金属膜をコーティングしたガラスです。
この金属膜により、
夏には太陽からの熱を室外へ反射させ室内を涼しく保ったり、
逆に、冬には室内で発生した熱を窓の外へ逃がさないように
室内側へ反射させ、室内を暖かく保ったりする事ができます。
そして、この『Low-E複層ガラス』には、
金属膜を室外側とした『遮熱タイプ』と、
金属膜を室内側とした『断熱タイプ』の2種類があります。

弊所では、
太陽高度が低く、庇などでは日射を遮蔽できない西面・東面・北面は『遮熱タイプ』、
太陽高度の高い南面の夏の日射は庇で遮蔽できる為、冬場に重点を置き、
冬場に室内から熱の逃げを防止する為、大きな窓のある南面は『断熱タイプ』、
といったように、方位によって適宜使い分けをしています。
.
.
▶自然エネルギー利用への視点

窓や断熱材の性能を上げて数字での快適性を証明する事は非常に簡単です。
そういった大きなコストかけ、物に頼る設計だけでなく、設計者が考慮すべき点は他にもあります。

1:太陽の光や熱・風といった、自然エネルギーを取り込む設計を心がけています。
建物の配置や窓の位置・窓の開き方(開口部の計画)、屋根や庇の形状を考慮することで、
日射を必要に応じて取り込んだり、遮ったり、風の抜けを作ったりすることができます。
・夏は日射を遮り、暑さを和らげ涼しい家。
・冬は日射を取り込み、熱を逃がさない暖かい家。
・風通しの良い家。
そういった当たり前の設計を誠実に行います。

2:小さくても庇を設けた場合、日射遮蔽に加え、雨天の際(強風時は除く)にも窓を開けたままにしておくことができ、通風計画の面でも非常に有効です。
そして、庇は外観デザインのアクセントにもなる為、意匠的な面でも有効です。

3:上記『開口部の計画』や『通風計画』は、『敷地の状況を読み解く』ということにも繋がります。
どの方向に視線が抜けるのか?そして、風をどうように通したいのか。
隣家の状況は??など、現地でしか確認できない情報を整理し設計を行います。
『敷地の中の気持ち良い方角を探す』が私の窓(開口部)設計のコンセプトでもあります。
.
.
▶手作りである事・サスティナブル(持続可能な)建築を目指す事

手に触れる部分、特に木部は、新建材(本物の木ように見えるニセモノ)といわれる既製品をカタログから選んで取付るのではなく、一つ一つ図面を描き、そのお家にあったデザインをし無垢の木(自然素材)を用い、職人さんの手で製作してもらっています。
手作りであれば、廃盤になる事もなく、その後の部分的なメンテナンスも容易に行えます。
そうする事で、物理的な側面でもサスティナブル(持続可能な)建築を目指すことに繋がる大切な要素と考えてます。

そのような丁寧な設計と工事を行うことが、次の世代(未来)へ誇りを持って受け継がれる家づくりだと私は考えます。

タイラヤスヒロ建築設計事務所の基本データ

代表者
平 泰博
所在地
〒266-0031
千葉県千葉市緑区おゆみ野3-24-1-402
電話番号
043-312-5426
HP
http://www.taira-arch.com/
事業内容
・新築注文住宅の設計・工事監理(主に木造)
・インテリアデザイン
・既存住宅のリノベーション・リフォームの設計・工事監理
・中古住宅購入のアドバイス+内見同行
 その後のリフォーム相談・工事監理
・その他建築(集合住宅・オフィス・ショップなど)の設計・工事監理
・間取り診断・セカンドオピニオン
・工務店設計業務サポート
・建築確認申請代行(木造住宅)
実績
2016年 NPO法人 家づくり学校 第7期 優秀賞受賞
住む。 2018年11月 季刊秋 67 掲載
HOUSING by suumo 2019年5月号 掲載
2019年 Best of houzz デザイン賞
2020年 Best of houzz デザイン賞・サービス賞
工法
木造(全般)・鉄筋コンクリート(RC造)
保証制度
建築家賠償責任制度に加入しています。
有資格者
一級建築士
二級建築士
福祉住環境コーディネーター
管理建築士
許認可
一級建築士事務所
加盟団体
ちばの木の家づくり推奨店
対応エリア
主な業務エリアは千葉・東京・埼玉・神奈川・新潟ですが
基本的にどこでも対応させていただきますのでお気軽にご相談ください。

WEB面談
対応可
基本的にZoomにて対応いたします。

タイラヤスヒロ建築設計事務所のスタッフ

代表 平 泰博(タイラヤスヒロ)

生年(西暦)
1980
性別
男性
資格
一級建築士
二級建築士
福祉住環境コーディネーター
管理建築士
経歴
2003年
東洋大学工学部建築学科卒業

2003年~2006年
建設会社にて施工管理を主に担当

2006年~2011年
松本直子建築設計事務所入所 

2011年~2018年
東京都練馬区にて
一級建築士事務所タイラヤスヒロ建築設計事務所設立

2019年~
千葉市緑区へ事務所移転

タイラヤスヒロ建築設計事務所の実績・実例

タイラヤスヒロ建築設計事務所の内覧会・相談会・イベント

タイラヤスヒロ建築設計事務所の口コミ・評価・評判

SumaIdeaでは、家づくりを検討中の方に、設計事務所や工務店など、家づくりの専門家の紹介を行っています。
ご希望や条件に合った設計事務所や工務店、信頼できる専門家をご紹介するために、口コミ・評価・評判を紹介の大切な基準としていますので、タイラヤスヒロ建築設計事務所に実際に問い合わせを行った方や家づくりを依頼した方がいらっしゃいましたら、ぜひ口コミをお寄せください。