REUGE NOIR
(アパート・マンション新築)

U建築設計室

REUGE NOIR

交通量の多い街道沿いの角地に建つ共同住宅。
建物全体を 街との関わり という視点で考え、用途の違う各部分や個々の要素が互いに補い合うような関係を模索し、計画を進めました。
4つのブロックを光庭や階段・廊下といった共用空間が繋げる構成となっており、道路に面する住戸は外に開かず光庭に面する形を取っています。
人が行き交う街の中にあって、住居部分は店舗≒建物を引き立たせる役割を果たし、店舗と建物の形態が小さな街のような一体感を生み、それぞれの間にある空間が周囲との緩やかなつながりを作っていくことを意図しています。

外観

外観

外観

外観

住戸エントランス

住戸エントランス

共用廊下

共用廊下

共用廊下

共用廊下

光庭と吹抜け

光庭と吹抜け

住戸

住戸

住戸

住戸

外観夕景

外観夕景

REUGE NOIR(アパート・マンション新築)の情報

建築家紹介はこちら