横浜S台の家

  • 注文住宅・新築戸建
  • 混構造
  • 高低差
  • コンクリート打ち放し
  • ロフト
  • 吹き抜け
横浜S台の家

周囲と高低差がある敷地に建つ、混構造の小住宅です。
隣地の崖からの悪影響を受けないように1階部分を鉄筋コンクリート造とし、
上部は木造としています。
外形は、法規上許される最大限の容積を箱として確保して、
それを効率的に覆うために捩れた屋根をかけています。
内部は、コンクリート打ち放しや木の構造材の現わしなど、素材を活かしたものとしています。

横浜S台の家内観

横浜S台の家内観

ロフトより2階食堂側を見る。吹き抜けを通して、1階まで空間が繋がる。

作者
栗原正明建築設計室
概要
所在地:横浜市港北区
構造:木造一部鉄筋コンクリート造
階数:地上2階
敷地面積:85.81㎡(25.96坪)
延床面積:75.58㎡(22.87坪)
協力:金箱構造設計事務所(構造)、ライトデザイン(照明)、上田宏(撮影)
施工:栄港建設
掲載誌:住宅建築2005年12月号(建築資料研究社)
建築費用