コトハウス
(アパート・マンション新築)

栗原正明建築設計室

コトハウス

メゾネット形式の住戸4戸からなる賃貸集合住宅です。
それぞれの住戸の平面や空間構成、ロフトや階段などの要素に変化を持たせる事で、4戸全てが異なったバリエーションとなるように工夫されています。
また2階南面には全面にFRP(ガラス繊維強化プラスティック)製のルーバーを設け、日射や内外の視線を柔らかく調整しています。

コトハウス内観

コトハウス内観

住戸C2階。上部のロフトと一体になった空間。バルコニーの先はFRPルーバー。

コトハウス(アパート・マンション新築)の情報

作者
栗原正明建築設計室
概要
所在地:横浜市緑区
構造:木造
敷地面積:172.24㎡(52.11坪)
延床面積:152.05㎡(46.01坪)
協力:桐野建築構造設計(構造)、ライトデザイン(照明)、上田宏(撮影)
施工:河鰭工務店
建築家紹介はこちら