コンパクトなバリアフリーの平屋建て住宅
(注文住宅・新築戸建)

無二建築設計事務所

コンパクトなバリアフリーの平屋建て住宅

◆ 建築する敷地は、羽曳野市の主要駅より徒歩数分の近隣商業地域・準防火地域内にある約322㎡(約98坪)の中に母屋が建つ敷地を分筆し、約113㎡(約34坪)の奥細い扇形の変形敷地であります。


◆ 依頼主さまは、当設計事務所の【中庭のある自然素材住宅:天井の高いリビング】の2階部分の雰囲気に似た平面(LDK・居室との繋がるプランニング)にサニタリー・玄関を含めたコンパクトな住宅設計を希望されました。
 
家族と無駄のない動線で暮らせる単一空間で屋根の構造体を露出したリビング、ダイニングキッチンを中心とした家族の交流が深まるコンパクトで天井が高いバリアフリーの木造平屋建住宅の設計。


◆ 比較的に中規模建築以上でよく使われるレンタブル比を考慮し、今回の住宅建築の中心に玄関・玄関ホールを配することで、最短距離で各諸室に足を運ぶこととなり、共用面積の比率を抑える事により無駄な動線を省き、工事費用の低減に寄与いたします。


◆(準防火地域の)狭小住宅は、建築工事費用の坪単価が上がる故、工事費用の削減に苦慮する。

《工事費用が上昇する主な要因》
・近隣商業地域・準防火地域は、法規制が厳しく、住宅地域に比べて高い品質(高価格)の建材等を用いなければならない。
・建物の床面積やボリュームが小さい住宅(狭小住宅)では、狭い面積に多くの要素を取り入れる必要がある。

天井の高いこじんまりとした空間を屋根の構造体を露出とした梁型が、部屋を引き締めます。 建築物内部を一室空間と考える事により住宅空間の広がりを得ます。

コンパクトなバリアフリーの平屋建て住宅(注文住宅・新築戸建)の情報

作者
無二建築設計事務所
概要
木造平屋建て金物止め工法

敷地面積 113.37㎡ (34.4坪)
建築面積  45.08㎡ (13.7坪)
建物床面積 48.43㎡ (14.7坪)
建築家紹介はこちら