建築家のアイデアがつまった狭小敷地の狭小住宅
(注文住宅・新築戸建)

無二建築設計事務所

建築家のアイデアがつまった狭小敷地の狭小住宅


建築敷地は、南海高野線の主要駅のから徒歩数分に位置にする静かな街並みに位置する約12.6坪の変形狭小敷地でる。


狭小敷地という敷地面積の条件から、当設計事務所の独自の発想による「見せる・魅せる」・「透かす」・「兼ねる」の設計手法を講じています。

各階ごとの区割りをせず、縦方向の一空間とし、各層は、階段:網目状らせん階段をはじめ、天窓:トップライトや、東外壁面の縦連窓のアルミサッシの乳半ガラスから光が降りそそぎ、住戸内どこにいても自然の明るさを感じる設計を施す。
建築基準法に許容される建築面積を最大限に有効活用いたします。


住戸内の各階の空間構成は、

・1階は、一体空間。玄関ホール~階段~浴室・洗面などのサニタリーを兼ね合わせる。
・2階は、階段~ダイニング・キッチンを一体空間。トップライト・窓面よりの採光で広く見せる。
・3階は、リビング、寝室。大きな窓から陽光が差し込み開放感を味わえる。

諸室の要素が満たされ上、自然採光に満たされ、実質的な面積から想定を超えた感覚を味わえる居住空間でより快適な暮らしを営んで頂ける設計配慮を施します。


玄関

玄関

玄関ホールに面した、サニタリー空間

玄関ホールに面した、サニタリー空間

狭い空間に、イエローをアクセントカラーとしたポップな空間

狭い空間に、イエローをアクセントカラーとしたポップな空間

らせん階段と、ダイニングキッチンの一体空間

らせん階段と、ダイニングキッチンの一体空間

らせん階段と、ダイニングキッチンの一体空間

外光を透過させる、網目状のらせん階段

外光を透過させる、網目状のらせん階段

外壁側の、建て連窓サッシかららせん階段越しに外光が入り、いつも明るい室内

網目状のらせん階段を見上げる

網目状のらせん階段を見上げる

上部に観える開口:屋根面のトップライト

洗面台:強化ガラスにビビッドなレッドボウルでお洒落に。

洗面台:強化ガラスにビビッドなレッドボウルでお洒落に。

建築家のアイデアがつまった狭小敷地の狭小住宅(注文住宅・新築戸建)の情報

作者
無二建築設計事務所
概要
構造設計 鉄骨構造 3階建て
外壁 中空セメント板、金属角波鋼板、
金属パンチング板

敷地面積  約12.6坪
建築面積  約 7.5坪
建物床面積 約27.9坪

自然素材 スギ材+自然塗料(柿渋)
用途 住宅(オール電化)
建築家紹介はこちら