箕面の家3

  • 注文住宅・新築戸建
  • 高低差
  • 大屋根
  • 存在感
  • 吹抜け
  • 大きな窓
  • 木造
箕面の家3

大阪北部の分譲地として、新しく開発された住宅地に建つ住宅です。

周辺はハウスメーカーの規格住宅が立ち並び、一部建築条件が外された一画をクライアントが購入されました。 立地条件は、両側住宅が並びながらも下から見上げる視線や、上から見下ろす視線といういろいろな高低差から眺められるという特徴があり、
それを生かしていくことを考えました。

外観は、大きな木の葉のような大屋根が住居部分に被さるような形状で、
道路側にはね出した大屋根の突端が遠くからでも一目でわかる存在感を与えてくれます。

この大屋根は、下の道路を通る人が見上げるときや、
上の公園あたりから見下ろすときに、
その木の葉のような屋根形状が感じられるように検討していきました。

大屋根は、住居部分から横にも大きく張り出しており、
1台分のカーポートの役割を果たしています。

内部の様子は、吹抜けのLDKを中心としたプランとなっており
どこにいても大きな屋根の下にいることが視覚的に感じられるようにしています。

LDKに面する大きな窓は、遠く大阪市街の街並みを眺めることができます。

写真:矢野紀行

作者
藤原・室 建築設計事務所
概要
場  所:大阪府箕面市
竣 工 年:2017
用  途:専用住宅
家族構成:夫婦、子供2人
敷地面積:199.69㎡(60.4坪)
建築面積: 70.19㎡(21.2坪)
延床面積:101.34㎡(30.7坪)
階  数:地上2
構  造:木造
建築費用