此花の平屋

  • 注文住宅・新築戸建
  • 貸し駐車場
  • コンクリート塀
  • 境界線
  • 動線
  • 視線
  • 木造
此花の平屋

大阪市の下町に位置するこの建築は、比較的大きな敷地でのご依頼でしたが、将来的に貸し駐車場にもできる自動車3台分のスペースを確保したいという要望があり、この貸し駐車場という「公」の領域と住宅という「私」の領域をいかにして分けるかが大きなテーマでした。
また一方で、隣地や前面道路といった「外」の領域と敷地という「内」の領域をどう分けるかもこういった比較的大きな敷地では普遍的に存在します。
通常、こういった領域を分ける手段として塀が用いられます。
大阪下町の街並みにもそういった「公」と「私」、「外」と「内」を分ける塀が無数にあります。
こういった街並みを形成する塀をより魅力的にできないものかということは、私たちのテーマの一つでもあります。「公」と「私」、「外」と「内」を厳格に分断するのではなく、柔らかく領域を分節し、時に視線を遮り、時に人を招き入れるような、そういった魅力的な柔らかい境界線となる「塀」を目指しました。
そこで、2つの円弧のコンクリート塀を用いて敷地を4等分しました。
円弧を描くコンクリート塀は建物内部まで入り込むと、間仕切りとなります。
塀が「公」と「私」、「外」と「内」を分断するのではなく、人々の動線を導き、視線を遮り誘導し、人々の生活とともにある存在となることを実現しました。

作者
藤原・室 建築設計事務所
概要
場  所:大阪府大阪市此花
竣 工 年:2019
用  途:専用住宅(夫婦+子供1人)
敷地面積:247.74㎡(74.9坪)
建築面積:91.86㎡(27.8坪)
延床面積:84.22㎡(25.5坪)
階  数:1
構  造:木造
建築費用