祐天寺の家

  • 注文住宅・新築戸建
祐天寺の家

ご夫婦+子供二人のための都市型住宅です。2階に配置したリビングダイニングは、10帖の中庭的テラスと一体となり、プライバシーを保ちつつ、開放的な広がりを感じる空間構成となっています。キッチンは、奥さま希望のクローズドタイプ(独立型)。浴室⇒洗面脱衣室⇒ランドリールーム⇒キッチン⇒パントリー⇒サービスバルコニーが一直線上に並び、使い勝手の良い家事動線になっております。

浮遊するボリュームと縦格子

浮遊するボリュームと縦格子

白いタイルのボリューム(1階)の上に、白壁(2階)のボリュームが浮遊する外観。限られた土地面積を最大限に活用するため、2階のボリュームを2.7mキャンチレバー(片持ち)させ、下部は車の駐車スペースとしました。

惹き込まれるアプローチ

惹き込まれるアプローチ

アプローチの土間タイルは、ポーチ、そして玄関内部へと伸び、雁行して入るようなプランニングになっています。雁行させることによって、道路から内部の様子を見えないようにするのとともに、奥へ奥へと惹き込まれるような様相のデザインとしました。

奥行きを感じ、光差し込む玄関

奥行きを感じ、光差し込む玄関

ブルーグレイの土間タイルが、ポーチから玄関の中まで貫入し、雁行するように上框を上がり、廊下が奥まで伸びています。その突き当たりは、書斎。左手の壁は、階段に沿って吹き抜けになっており、手づくりの白いタイルが貼られています。ハイサイドライトからは光が差し込み、2階に上る際の気持ちを高揚させる空間構成。

寝室前室としての書斎

寝室前室としての書斎

寝室の前室として設けた書斎。就寝前に読書をしたり、パソコンを開いたりと、リラックスできるデスクコーナーは生活にゆとりをもたらしますね。近年の社会状況の中では自宅で仕事をされる方も多いかと思います。横長スリット窓の向こうには、裏庭を眺めることができます。ご夫婦が並んで、ゆったりと使える快適な空間。

時間の有効活用

時間の有効活用

書斎と寝室との間には引込戸があり、就寝時間のズレや、冷暖房効率が気になる時には、空間を区切ることができます。お子さんが小さい間は、子供の就寝後の夜中、起床前の朝方の時間は有効活用したいもの。そういった家庭環境においてもお薦めのプランニングです。

独立型のキッチン

独立型のキッチン

奥さま要望の独立型キッチン。メリットは、リビングやダイニングに生活感(臭いや音も含め)が溢れ出ないこと。調理に集中できること、奥さまだけの落ち着いた空間を手に入れることができます。キッチンの長さは、なんと3.5メートル!羨ましいですね。

浴室からサービスバルコニーまで

浴室からサービスバルコニーまで

浴室⇒洗面脱衣室⇒ランドリールーム⇒キッチン⇒パントリー⇒サービスバルコニーがリニア(一直線上)に並んでおり、家事動線が裏動線として完結しているので、生活感がリビング・ダイニングには溢れ出ないプランニング。空間ごとに引込戸を設けており、来客時には仕切ることも可能。光や風が抜けるというメリットにも繋がっています。

テラスで過ごす時間

テラスで過ごす時間

テラスの広さは10帖。中庭のように壁で囲われているので、プライバシーも確保されております。ランチ、ティータイム、バーベキュー、ひたたぼっこ、夕涼み、読書、プール、プランター、夜空を楽しむ場。この空間で家族と共に刻まれる時間は、子供たちにとっての原風景となるに違いありません。

内と外が繋がる空間

内と外が繋がる空間

内外が一体となった気持ち良い空間。テラスからリビングの奥まで貼られた壁面タイルは、この家の象徴的な存在。その全長は、12メートル。優しく、温かみがあり、素朴な手づくりのタイルがダイナミックに連続しています。

お施主さんの声

暮らしてみて思うことは、この家は細部に至るまで、実によく考えられた家であるということです。全体の間取りや設計はもちろんのこと、随所に盛り込まれた素人目には分からない細かなこだわりも家全体の雰囲気を素敵に演出する役割をしっかりと果たしており「何が素晴らしいか」と問われたら「全部が素晴らしいのだ」という答えが最も適切だと思う次第であります。

作者
根來宏典建築研究所
概要
用途地域:第1種住居地域
防火規制:準防火地域
敷地面積:123.12㎡(37.24坪)
延床面積:110.12㎡(33.31坪)
構造・規模:木造・2階建て
建築費用