東京タワーと桜の見える家[鉄筋コンクリート3階建]

  • 注文住宅・新築戸建
東京タワーと桜の見える家[鉄筋コンクリート3階建]

ご夫婦と3人のお子さん、お祖父さんの6人で暮らす鉄筋コンクリート造の二世帯住宅。道路や近隣のマンションからの視線に配慮しつつ、東京タワーの見える南側の眺望と北側隣地の桜の景色を最大限室内に取り入れた住まいです。
家族が多くの時間を過ごすLDKと子供の勉強スペースを2階に配置。親世帯の住居スペースは1階に、子世帯の個室は3階に設けました。構造は耐力壁を外周部に配した鉄筋コンクリートの壁式構造で、室内に梁型や柱型が現れず、将来の間取りの変更にもフレキシブルに対応できるようになっています。断熱は鉄筋コンクリートの外断熱構法として躯体への蓄熱を図って温度変化を抑え、要所には床暖房を設けることで、室内の温熱環境を整えています。[写真:安川千秋/Archiplace]

玄関ホール

玄関ホール

カウンター収納の天板はガラスモザイクを貼りで照明で光る。金属のオブジェや正面のステンドグラスがお客様を迎える。左奥に階段とホームエレベーター、右に親世帯の入り口がある。

親世帯のリビング

親世帯のリビング

リビングは小上がりの畳で掘りごたつ形式で外には小庭が見える。左の壁面の裏には水回りがあり、右の寝室との間は造作の収納家具で仕切られている。

リビングからダイニング方向を見る

リビングからダイニング方向を見る

左に壁で囲まれたキッチンがあり、奥の窓から東京タワーが見える。

ダイニングからリビングを見る

ダイニングからリビングを見る

壁沿いに用途に応じた収納を造作 子供たちのデスクも組み込まれている

ダイニングからリビング側を見る

ダイニングからリビング側を見る

奥に小上がりの和室が見える。右奥にエレベーターホールがあり、手前にオーラソーマのカラフルなボトルが並ぶ造作棚が見える。

和室

和室

和室の窓から桜を借景。和室は閉じることもでき、左右は目立たない収納になっている。

3階廊下のハイサイドライトのある吹抜

3階廊下のハイサイドライトのある吹抜

ハイサイドライトが自然光を呼び込み風を流す。お気に入りのペンダントライトが彩りを添える。

洗面室から浴室を見る

洗面室から浴室を見る

水廻りはガラスて仕切られ、窓の向こうまで見通せる明るく広々した空間で、壁にはフェイバリットカラーのガラスモザイクタイル貼っている。

子供室

子供室

奥の一人用の子供室とは造作家具で部屋を仕切っている 壁紙と調和のとれた生地のローマンシェード。

主寝室

主寝室

主寝室にはキングサイズのベッドを置き、窓を絞って落ち着いた雰囲気に。右はクローゼットやAV収納を組合わせた造作家具。

作者
設計事務所アーキプレイス
概要
鉄筋コンクリート造3階建
敷地面積  151m2
延床面積  292m2
建築面積  105m2
家族構成  子世帯:夫婦+子供3人/親世帯:お父様
建築費用