間口の狭い家でも明るく広く(1.75間の家)

  • 注文住宅・新築戸建
間口の狭い家でも明るく広く(1.75間の家)

敷地の間口約4.3m約15坪という狭小地ながら、光をより多く取り入れる工夫と天井を高く見せる折上天井により、1.75間幅という外観からは想像できない広いリビングを実現しています。
近隣の窓位置を十分に把握し、採光採風を採るべきところは採り、プライバシー保護が必要な場所は大きな壁とすることで構造強度も確保しています。

LDK①

LDK①

リビング天井には間接照明を取り入れた折上天井。 ダウンライトはIOT接続により、スマホから調光(明るさ・色温度)できるように。 IOTは他にも 外出先から玄関ドアの施解錠やエアコン等の家電の操作、不審な窓の開閉通知やライブカメラでの映像確認等ができます(OP設定)

計画時作成の内観パース

計画時作成の内観パース

プレゼン時に活用した内観パースになります。 様々な角度から完成形をイメージ(チェック)して頂き、最終的には色づかいや家具配置に若干変更が加えられました。

LDK②

LDK②

階段に設けた明かり窓。 キッチン天井には変化を付け奥の壁は濃いめの色使いで奥行き感を演出。

外観

外観

準防火地域内の為、サッシ形状に制約が出てしまいましたが、2階リビングには掃き出し窓と変わらない窓サイズを確保。

スカイバルコニー

スカイバルコニー

地上に庭をとりにくい敷地でも、屋上に大きなバルコニーを設けることで無二の開放感が得られます。

作者
株式会社 アールズ設計
概要
木造3階建て 在来工法
ガレージ含み約28坪
建築費用
土地含め、付近の建売住宅と大差ない金額で抑えられました。