北側斜線制限とは?住宅の高さ制限-注文住宅の基礎知識

  • 家づくりガイド・コラム
  • 北側斜線制限
  • 斜線制限
  • 高さ制限
  • 注文住宅
  • 基礎知識
  • 土地選び

著者: SumaIdeaサポートデスク

注文住宅を建てるための土地選びで気をつけておきたい、様々な規制。今回は、建物の「高さ」の規制の一つ、「北側斜線制限」について解説します。

北側斜線制限とは

「隣地斜線制限」「道路斜線制限」と並ぶ「斜線制限」の一つで、北側に面する隣の土地(隣の土地からみると南側)への日照を遮らないようにするための規制です。

第一種/第二種低層住宅専用地域では、真北の敷地境界線高さ5mの線上から1対1.25(横1に対して縦1.25)の斜線、第一種/第二種中高層住宅専用地域では、真北の敷地境界線高さ10mの線上から1対1.25の斜線を超えてはいけません。

なお、上記以外の用途地域には、北側斜線制限による規制はありません。

関連記事(家づくりガイド/家づくり相談室)

『斜線制限』に関連するガイド記事

『斜線制限』に関連するQ&A

『高さ制限』に関連するガイド記事

『注文住宅』に関連するガイド記事

『注文住宅』に関連するQ&A

『基礎知識』に関連するガイド記事

『土地選び』に関連するガイド記事