土間空間のある家

  • 注文住宅・新築戸建
  • 木造
  • 2階建て
  • 民家再生
  • 薪ストーブ
  • 土間
  • 伝統構法
  • 瓦屋根
  • 漆喰
  • 無垢材
  • 大谷石
土間空間のある家

都内の閑静な住宅街に、代々大切に受継いでこられたお住まいがある。
今回は若いご家族(夫婦と子供2人)が築80年の主屋に住われる為、大規模な民家再生が行われる事となった。

建主のご希望は、・80年続いてきた民家の良さを活かしながら、現代の生活に合わせて改修をする。・建物全体の耐震性を高める。・南の3つの主要な座敷は昔の姿を残し、北側を中心に新しい生活空間にする。・土足で行き来し、そのままくつろげる土間と薪ストーブがほしい。

日本の柔らかさとねばりのある伝統構法を現代に活かした民家再生工事を行う事とし、長ほぞ込み栓を基本に現場にて手刻み加工のできる大工さんのいる施工業者を探す事に苦労する事となった。
苦労の結果、社員として優れた大工職人を多く抱える渡辺富工務店と巡り会った。菊池棟梁とその弟子達の技術無しでは今回の工事の見事な完成は実現できなかった。
また瓦屋根の工事は、その技術と丁寧さに定評があり何回かお願いした事のある渡辺瓦店が担当し、古い瓦を再利用しながらも1枚1枚ビス止めをした耐震施工が施され、再び美しい入母屋の屋根が甦った。

無垢の材木を造作、天井、床、家具に使い、外は漆喰塗り、内部はデユッセル塗りの壁、緩やかにカーブした階段に黒皮仕上げのスチールの手摺、大谷石の土間、古い石を再利用して作った趣のある通路や庭など、随所に職人さん達の優れた技術が光る現場となり、毎回楽しみな現場通いとなった。

柔らかさとねばりのある伝統構法を現代に活かした民家再生

柔らかさとねばりのある伝統構法を現代に活かした民家再生

特選大谷石のテラスは内部の大谷石土間と一連となり、広がりを感じる構成になっている。外部壁面にはオリジナルのブラケット照明を取り付けた。

作者
松井建築研究所
概要
敷地面積 約1320㎡
1階床面積 185㎡
2階床面積 64㎡
延床面積   249㎡
構造   木造2階建
建築費用