house-ST-C

  • リノベーション・リフォーム
  • 木造
  • 在来軸組工法
  • ヴィンテージハウス
  • アンティーク
  • コンバージョン
  • 自然素材
  • 無垢材
  • パッシブデザイン
house-ST-C

栃木県栃木市の住宅

約90年前より街の風景の一部として存在してきた趣ある歯科医院を居住空間へとコンバージョンした住まいです。
全体としては、既存建物の劣化が激しい部分、約半分を解体し、新たな水廻り部分を新設しました。残した既存分は、先人達の残した技術や趣をなるべくそのままに、手直しのみで残すことに努力し、新しく取り入れる建具やガラス、備品もアンティーク品を選定することも拘りました。新規部分は、主張することの無いよう心掛け既存部分と馴染む意匠とし、全体に断熱改修、耐震工事、太陽光のあり方、風の通り道など住環境に必要な必要な工事を行った本物件は、現代の性能を持つヴィンテージハウスです。

ヴィンテージハウス・アンティーク・リノベーション・コンバージョン・栃木市住宅・造作木製サッシ・薄い屋根・深い軒・縁側・下見板張り・低い佇まい・自然素材・無垢材・柿渋・ケイソウ土・断熱改修・耐震改修・パッシブデザイン

リビング

リビング

書斎

書斎
作者
創右衛門一級建築士事務所
概要
建築data
所在地:栃木県栃木市
構造.規模:木造在来軸組工法 2階建て
敷地面積:353.42㎡
建築面積:96.35㎡
延床面積:149.66㎡
竣工:2017年8月
建築費用