鎌倉の舎

  • 注文住宅・新築戸建
  • 二世帯住宅
  • 土間
  • 濡れ縁
鎌倉の舎

鎌倉の閑静な住宅地の奥にある代々住み続けてこられたお住まいであるが、今回は若家族との二世帯住宅として新築する事となった。

独立した二世帯住宅であるが、一つの敷地に建つ住宅として統一した外観にしている。しかし二棟の配置は微妙にずらし、高さにも変化をつけている。二棟の内部はそれぞれの必要機能によって異なり、大きさも雰囲気も違いがある。

西の舎は玄関土間から障子を開けると一気に庭へと目線が抜け、異なった三部屋が一体となり濡れ縁、庭へと繋がる。2階は子供部屋とご夫婦の寝室がある。東の舎はご高齢のご夫婦の為の住まいで、1階で全て生活の機能ができるようまとめてある。2階は客間となっている。

南の開口部は建具が全て壁の中に収納できるようになっており、開くと開口部が全開となり、同レベルの濡れ縁に出て庭を楽しむ事ができる。

作者
松井建築研究所
概要
建築費用