翻訳家の家

  • 注文住宅・新築戸建
  • 別棟
  • コンクリート打ち放し
  • 3階建て
  • 仕事場
  • チーク
  • 無垢材
翻訳家の家

区画整理事業がされた住宅地の一画にある敷地で、東奥には約築40年の木造平屋が建っている。今回は道路側の庭の一部に別棟としてコンクリート打ち放し3階建ての家を計画した。
建主はドイツ語通訳、翻訳家としては日本でトップクラスの50代の女性で、ご自分の仕事場、住まいの場そしてギター練習、園芸を楽しむ為の趣味の場としての建物を求めた。
1階分の面積が12坪程度であるが、各階ごとに用途が異なり雰囲気を楽しめる。
内部は建主のご希望もあり、チークの無垢材をふんだんに使っている。
独立して力強く生きている施主の為の家である。

作者
松井建築研究所
概要
建築費用